お菓子を焼きながら思うこと


力のある小麦粉の香りとバターのうま味、

やさしくて奥行きのあるきび砂糖の甘み。

そして元気な鶏からいただいたたまごのいい香り。

私が作りたかったものが今の甘香茶屋のクッキーです。

日々摂取しているものはいい栄養も添加物や薬品も2~3日後、一週間後、一ヶ月後、一年後・・・
と必ず体のどこかで生きています。

不要なものは排出されるのではなく、一度は細胞になりからだを作ると言われています。

ちょっと意識を向けるだけ。

それだけで未来のご自身の笑顔は家族の笑顔はきっと違うものになると私は信じています。

2018年04月20日